たるみ・ほうれい線に塗るだけリフトアップ美容液

40代のたるみ・ほうれい線がピン!

【初回30%OFF】モイストリフトプリュスセラム


顔のたるみをキュッとリフトアップ!エクササイズを毎日の生活に取り入れよう

エイジングケア効果のある化粧品を使い、顔のたるみやシワに変化がないと嘆いている女性は少なくありません。

 

そんな女性はリフトアップを図るために、表情筋を鍛えるエクササイズを始めてみてはいかがでしょうか。

 

表情筋を鍛えることでどんなメリットがあるのかまとめてみました。

 

・皮膚が引き上げられてシワやたるみなどの老化が目立ちにくくなる
・二重あごやむくみが解消されて小顔効果が得られる
・表情が豊かになって明るい性格に見られるようになる

 

日常生活では30%程度しか表情筋を使っていないと言われており、老化現象と合わさって口元や目元のたるみに繋がります。

 

無意識に使う機会が少ないからこそエクササイズが適していて、入浴中などリラックスした雰囲気の中で行えば更に効果的です。

 

・眉をあげる前頭筋
・目を空いたり開いたりする眼輪筋
・口角をあげる頬筋
・口元の表情を作る口輪筋

 

一口に表情筋と言っても上記を中心に30種類以上もあり、エクササイズの正しい方法を見ていきましょう。

 

ベロ回し体操

 

ベロ回し体操は本やテレビでも紹介されているので一度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

その名の通り舌をベロベロと回すエクササイズで、口周りの筋肉を鍛えられるのでリフトアップに繋がります。

 

①口を閉じたまま舌を歯の外側に沿って回す
②歯茎を舐めるように意識して左回りと右回りを20回行う
③1日に3回に渡って食後に行うのが効果的

 

このような方法なので非常に簡単ですし、顔と首に存在する200個以上のリンパ節が活性化されるのでシミやくすみで悩む女性にもおすすめです。

 

「歯の噛み合わせが改善される」「口臭を予防できる」といった嬉しい効果もあり、お金も時間もかからないので一度ベロ回し体操を試してみましょう。

 

目をグルグル動かすエクササイズ

 

目をグルグルと動かすエクササイズは眼輪筋を鍛えて目元のたるみを改善できます。

 

「ふと鏡を見てみると目の下とまぶたがたるんでいる・・・」と驚いた女性は多いかもしれません。

 

これは加齢による眼輪筋の衰えが大きな原因なので、目をグルグル動かすエクササイズでリフトアップケアを行うのです。

 

①目を右回りと左回りで交互に回す
②右回りと左回りを3回ずつ行う
③なるべく大きく動かすのがポイント

 

単純に大きく動かすだけなので難しくありませんし、暇な時間や入浴中などに試してみてください。

 

割り箸を使ったフェイササイズ

 

割り箸を使ったフェイササイズは口元のたるみの解消法として有名です。

 

表情筋の一つである口輪筋を効率良く鍛え、毎日続けると顔全体がリフトアップされてむくみの解消にも繋がります。

 

どのような手順で行うのか正しい方法をチェックしておきましょう。

 

①割り箸を横にして前歯で咥えて唇を閉じる
②上下の唇をつけた状態で横に引く
③そのままの状態で5秒間キープする
④口角を上げて「にっ」と笑う
⑤この流れを1セットとして5回繰り返す

 

割り箸を使ったフェイササイズで口元が柔軟に動くようになり、スッキリとしたフェイスラインが形成されていきます。

 

割り箸ではなく普通の箸を咥えて行うことも可能です。

 

エクササイズと合わせて化粧品を使おう

 

これらのエクササイズを行うだけではなく、合わせてリフトアップに効果的な化粧品を使えばたるみやシワの改善に繋がります。

 

目元や口元を意識したスキンケアを始めたい方には当サイトでご紹介しているモイストリフトプリュスセラムがおすすめです。

 

使い心地に満足した:90%
使用後に肌へと効果を実感した:98%
また使ってみたいと思った:95%

 

上記のようにアンケートの結果で高い評判を得ており、美容液を肌へと塗布してハリを出しながらたるみを解消していきます。

 

リフトアップの目的だけに作られた美容液なので、一度モイストリフトプリュスセラムを使ってみてください。