たるみ・ほうれい線に塗るだけリフトアップ美容液

40代のたるみ・ほうれい線がピン!

【初回30%OFF】モイストリフトプリュスセラム


やり方で異なる?リフトアップ効果の持続期間をチェック!

リフトアップ効果を得るためには、毎日のスキンケアで美容液を使ったり美容外科で施術したりと様々な方法があります。

 

やり方によって効果の持続期間には大きな違いがあり、比較の参考になるのではないでしょうか。

 

以下では方法別で持続期間にどのような差があるのかまとめてみました。

 

化粧品を使ったスキンケア

 

リフトアップ化粧品によるスキンケアは、自宅で試せるリフトアップの一つです。

 

化粧水や美容液など様々な種類が登場しており、リフトアップ化粧品の特徴を見ていきましょう。

 

・ビタミンC誘導体やレチノール(ビタミンA)といった美容成分を豊富に含んでいる
・肌へと潤いを与えて内部の真皮層のハリを取り戻してたるみやシワを改善する
・加齢によるコラーゲンの減少を補ってたるみを引き上げる

 

スキンケア用品なので劇的な変化や即効性はありませんし、持続期間も短くなっています。

 

時間が経過すれば自然と肌のハリは失われていくため、基本的には毎日欠かさずにケアを行わなければなりません。

 

その代わりに美容整形やプチ整形のような高額な費用は発生しませんし、クリニックへと足を運ばなくても自宅で対策ができます。

 

・全体的に肌のハリが足りなくなったような気がする
・目元や口元の皮膚がだんだんとたるんできた
・鏡を見て年齢を感じるようになった
・保湿対策をしているのにカサカサと乾燥する

 

このような悩みを抱えている方にリフトアップ化粧品は適しており、当サイトでご紹介しているモイストリフトプリュスセラムを使ってみましょう。

 

リフトアップ美容液の中でも利用者からの評判が高く、神経伝達物質のアセチルコリンの生成を促すDMAEと呼ばれる成分が含まれています。

 

DMAEを増やして筋肉への働きかけが活性化され、肌へとハリを出すことができるので毎日のスキンケアの中にモイストリフトプリュスセラムを取り入れてみてください。

 

引き締め効果!ハリ改善★モイストリフトプリュスセラム30%OFF

 

 

ヒアルロン酸注射やボトックス注射

 

ヒアルロン酸注射やボトックス注射はリフトアップ施術として代表的です。

 

ヒアルロン酸注射⇒ヒアルロン酸を注入して内側からふっくらとシワを伸ばす
ボトックス注射⇒ボツリヌス菌を注入してフェイスラインをシャープに整える

 

上記のような違いがあり、皮膚をメスで切開せずに気軽に受けられる施術として女性から人気を得ています。

 

しかし、時間の経過で注入した成分が体内へと吸収されるため、持続期間が永久というわけではありません。

 

個人差があるので一概には説明できないものの、半年間程度が経過すると元の状態へと戻っていきます。

 

リフトアップした状態を長期間に渡って維持したいのであれば、定期的に美容皮膚科や美容外科を訪れて施術を受けなければならないのです。

 

施術回数が増えれば当然のように金銭的な負担も大きくなり、ヒアルロン酸注射やボトックス注射を受ける際は十分に注意しましょう。

 

特殊な糸を使うフェイスリフト

 

フェイスリフトとは特殊な糸を使い、目尻の下がりや顔のたるみを全体的に取り除く施術を指します。

 

若返り手術の中でも実績が長く、様々なクリニックで行われるようになりました。

 

髪の毛で隠れる部位で糸を使って皮膚を引き上げていく形ですし、傷跡も目立たないのでバレる心配は特にありません。

 

効果の持続期間に関しては、溶ける糸を使う場合と溶けない糸を使う場合とで異なります。

 

<溶ける糸>
・組織を引っかける力は弱いハッピーリフト
・グリップ力が強く強度も高いシルエットリフト
・組織の把持力が長持ちするミントリフト

 

<溶けない糸>
・伸縮性のある糸でリフトアップするスプリングリフト
・コーン型の引っ掛かりがついたシルエットリフト

 

使用する糸の種類は幾つかありますが、溶ける糸は1年間程度で効果が下がるのに対して溶けない糸は持続期間が長いのがメリットです。

 

費用や安全性においても異なるので、どちらの施術が自分の目的に合っているのか医師へと相談してみましょう。

 

切る手術のフェイスリフト

 

顔のたるみやシワの改善において切る手術のフェイスリフトが最も持続期間が長くなっています。

 

①メスを使って余分な皮膚を切り取る
②気になる部位のたるみを引き上げる
③一生少ない状態となるので効果は永久

 

永久的に効果が持続するのが特徴で、切る手術以上に若返り効果のある方法はありません。

 

その代わりに、「技術力の低い医師による手術で傷跡が目立つ」「術後のダウンタイムが長い」「保険外治療なので高額な費用が発生する」といったデメリットがあるので注意してください。